口臭予防や花粉アレルギーの悩みなら「なたまめ茶」

http://xn--f9jvan7dp37cva4240eb6vdc9sa0sf9n2a.com/なた豆が健康に良いと噂されていますが、そもそも「なた豆」とは何でしょうか?見た目がサヤエンドウを大きくした姿からも分かる通り、これはマメ科の植物です。蔓(つる)の高さが6メートルを超える長さになるそうで、一説には「ジャックと豆の木」に登場する豆の木のモデルとのこと。

なた豆には抗炎症作用を期待できる成分が豊富に含まれているため、歯周病予防にも効果があるそうです。なた豆を使った歯磨き粉が販売されているくらいですから、その効果は証明されているのでしょう。

では「なたまめ茶」という健康のためのお茶があることをご存知ですか?「こやま園」「新興」「お茶の沢田園」などから産地直送で作られた、なたまめ茶の販売がされています。お茶の場合でも、前述した口の悩みを解消してくれる効果が期待できるそうですが、他にも蓄膿症や鼻炎、花粉アレルギー対策として飲んでいる人も多いそうです。

そこで、なたまめ茶に関する情報が色々と掲載されているサイトを1つ紹介します。

なたまめ茶の効能マメ知識はコチラ

こちらでは、なたまめ茶を飲むことで、どういった効果や予防に繋がるかのコラムが掲載されています。また「こやま園」「新興」などで売られている製品には、どういった特徴があるのかなどの商品比較もおこなっていますので、購入を検討している場合には役立つはずです。

お茶による健康に興味があれば、参考にしてみてください。

流行アプリといっても世代によってちがいます

Apple Storeでアプリを探そうと思うと、結構大変な作業になります。
Androidの方は、どうなのでしょうか?

流行アプリの情報を素早く入手するために、iPhoneユーザーならAppBankが便利だし、Androidならdマーケット、andronaviなどが便利です。

確かに新しいアプリは、どんどん出現してくるので素人がアンテナを張るには、とてもじゃないですけど、限界があります。

韓国の経済新聞が調査した報告によると、アプリの利用状況は、20代が娯楽アプリ、30代は自己開発IT関連のアプリが多いそうです。
ストアー利用状況をみると、20代未満の人たちは音楽、ゲームが多く、20代になると、映画、ゲームの順になっているそうです。
また、30代は、語学、教育、電子書籍の順になっているそうです。

ここから分かることは、流行アプリといっても世代別に流行は違うということ。
つまり、20代未満の若者には、彼らに好まれる流行アプリがあり、30代には30代なりの流行アプリがあるということになるのです。

ちなみに、40代以上の人たちが、多く利用するアプリのカテゴリーは、生活関連、位置情報など。

どちらにしても、韓国での利用者のコンテンツ累積ダウンロード件数は2012年が1億800万件だったのに対して、2013年には、コンテンツ累積ダウンロード件数16億件にまで増えたということですから、すごい現状であることが分かります。

アプリ探しは、流行アプリ紹介サイトの口コミ情報>こちらのWebサイトが参考になります。

冷え性はお茶で改善を

冷え性の方は冬はもちろん夏でも足先だけは冷えたりする場合もあり、つらいですね。
体温は1度下がると免疫力は30%低下するといわれています。最近は子どもでも体温が36度ない低体温な子がいたりして問題になっています。冷え性は部分的に低体温になっているともいえ、血行が悪く、血液が末端まで元気よく回らないため、手先や足先の末端部分が冷えてきます。低体温や冷え性の原因はいろいろありますが食生活もその原因のひとつです。
体を冷やす夏野菜などが季節に関係なく食べられるようになったこと、体を冷やす食べ物がとれる熱帯地方の食べ物や飲み物(バナナやコーヒーなど)を簡単に食べられるようになったこと、糖分や油脂も取りすぎると血流を滞らせます。

冷え性の改善には体を温める食べ物や飲み物を取ることです。ここでは冷え性に効くお茶をご紹介します。
カフェインやカテキンは体を冷やす働きがあるのですが、このカテキンは発酵するとカテキンが酸化して、体を温める効果が出てくるそうです。つまり茶葉を発酵させない緑茶は体を冷やすけど、半発酵のウーロン茶や7割以上発酵させた東方美人茶や紅茶、プーアル茶などは体を温めるのです。

具体的な製品は「冷え性のためのお茶選び」→こちらに載っています。プーアル茶、生姜紅茶、ルイボスティー、高麗人参茶、東方美人茶(白毫烏龍茶)が紹介されていますので、お好みのお茶を冷え性改善に役立ててみて下さいね。